中小企業のシステム化で失敗しないコツ

 

システム開発はシステム化する業務を切り分けるセンスが最も重要です。

 

IT化のスタート地点

中小企業のIT化で最も問題なのは、「社内業務を把握してシステム化要件を決める人材がいない、もしくは不足している」点です。このシステム化要件を決める工程はシステム開発で最も重要な工程です。「何をシステム化して何をシステム化しない?」をうまく切り分けられないと、「出来上がってみたら使えないシステム」「投資に見合わないシステム」となってしまいます。

IT化すべき業務の切り分け

ティークリエイトはソフト会社での実績、メーカーの情報システム部門での実績があり、システム化すべき業務の切り分けは最も得意な分野の1つです。「やりたい事はあるけれどどうすれば?」をティークリエイトが予算・納期・マンパワーを考慮して具現化致します。

投資効果の出るオーダーメイドソフト

基本的にオーダーメイドのソフトをお勧めします。中小企業にとって「負担が小さく効果のでるシステムとは?」を考えたときに、「最初は小さくはじめ、必要に応じて後から機能追加していくスタイル」が最適だと考えます。

適材適所なシステム

はじめから「こんな事もあんな事も」と機能満載にしてしまうと、利用者が使いこなせず結局効果がでない場合があります。パッケージソフトがその典型例です。「難しくて使い辛い」「使っていない機能が沢山ある」などなど。そうではなく「まずこの業務をシステム化しましょう」「うまくいったら別の業務も」というようにステップを踏んでいくと、利用者も使いこなす事ができ次の段階へもイメージしやすくなります。また無駄な機能が盛り込まれないので、コストも削減でき、結果的にやりたい事が実現できるという「本当に使えるソフト」になります。

ティークリエイトへメール